パトロールライブラリ
「安全啓発動画」

パトロールライブラリ「安全啓発動画」

HOME>パトロールライブラリ「安全啓発動画」

お客さまに「安全」に高速道路をご利用していただくため、交通管理隊が毎日巡回をしている中で遭遇した「ヒヤリ・ハット」の映像を提供します。
どんなところにも、危険が潜んでいることを忘れずに。危険予知にお役立てください。 「ヒヤリ・ハット」で済めばいいですが、重大な事故になっていたかもしれません。

新東名での衝突事故

新東名下り、新静岡出口手前を通行中の巡回車の目の前で衝突事故が発生。 追い越し車線を走行していたトラックが突然左に斜行し、前を走っていた乗用車に接触。 走行車線を安全な速度で走行していても、漫然運転やわき見運転の車両が後方や横から忍び寄ってくることもあります。 バックミラーやサイドミラーなどで四周確認、危険を回避しましょう。

IC出口ランプ あおり運転車両

交通管理隊の巡回車が東名川崎ICの出口ランプを走行している際、急接近してくる車両あり。巡回車をあおるような運転をしてきました。  注意喚起の広報をしましたが、無理やり割り込むような形で料金所に向かっていきました。  ICのランプ車線は天候によってはスリップする恐れもあり、料金所手前での割り込みは大変危険です。また、巡回車は異常事態を発見した際などは急停止いたしますので、車間の保持に努めてください。  お急ぎの時こそ、余裕をもった運転をお願いします。

逆走に注意

 軽トラックが中央道のインターチェンジから流入後、方向を間違えたことに気付き、本線上でUターンをしてしまったようです。交通管理隊がクラクションを鳴らし注意喚起をしています。高速道路は一方通行です。Uターン、バックは厳禁です。逆走はインターチェンジやサービスエリア付近などで発生しています。 間違えてしまったときはそのまま走行して、次のインターチェンジで降りるようにお願いします。  

本線合流時 単独横転事故

 東名海老名JCTを圏央道に向けて通行中の巡回車の目の前で横転事故が発生。 トラックが本線に合流してまもなく左に斜行し、コンクリート壁に接触する間際で右に回避しましたが、ハンドル操作を誤り態勢を崩して横転してしまいました。 合流部では、周りから来る車を気にするなど、多数の確認行為により、自らの危険に気付くのが遅れてしまったようです。 スピードが出ている中、壁にぶつからないよう急ハンドルで回避しようとしたため、トラックは重心が高いので横転していまいました。 スピードの出しすぎや急ハンドルはせず、前方の確認も怠らないようにしましょう。

雪の日のスリップ事故

雪が降る中、追い越し車線を走行していたトラックが、前方不注視のためか前の車に急接近し、追突を回避しようとしたところ、スリップして中分側ガードレールに接触しました。 雪道は、乾いている路面や雨で濡れている路面よりタイヤのグリップが落ちるため急ハンドルはNGです。 また、無理な追い抜きは急加速を伴うのでNGです。雪道ではいつもの2倍以上の車間距離を保ち、急ハンドル急ブレーキはしないようにしましょう。

トラックのスリップ事故

東名高速道路上り川崎IC付近。 雨が降る中、事故処理の走行規制中に、追い越し車線を通行してきた軽貨物がスリップし規制器材に衝突。 トラックは特性上、積載時と空車時では運動性能や軸重配分などに大きな差が生じるため、特に、空車時の過大なハンドル操作やブレーキ操作によりスリップしやすくなりますので、注意が必要です。

雨の日のスリップ事故

雨の日の中央道上り線、追い越し車線を走行してきたワンボックスカーがスリップし巡回車の目の前を横切り、ガードレールにぶつかる事故が起こりました。 路面が濡れているときはスリップ事故が起こりやすいため、スピードの出し過ぎや急ハンドルなどに注意して運転をお願いします。 また、タイヤがすり減り溝がなくなると、濡れた路面では滑りやすくなりますので、運転前にタイヤの溝や空気圧の確認をお願いします。

割り込み 急接近車両

 工事のため車線規制をしているところに、追越車線を走行していた車両が規制の直前で車線変更をし、トラックの前に割り込む状況に。前を走る交通管理隊の巡回車にも接近したため加速して衝突を回避しました。  規制直前での割り込みは大変危険です。余裕をもった運転をお願いします。

逆走車両にご注意ください

最近、本線逆走車両が増えています。交通管理隊は、逆走している車両を発見し現場へ向かう際、皆さまに低速走行での速度抑制や安全のために一時通行止めを求める場合がございますのでご協力をお願いいたします。

あおり運転車両

自分は安全な運転をしていても、巻き込まれてしまう可能性がある「あおり運転」。十分な車間距離をとること、法定速度を守る、急な割り込みをしないなど、周りのドライバーへの思いやりをお願いします。

進路間違い車両

降りるインターを間違えた車両が直前で本線に戻ろうと目の前で進路変更をして危うく接触しそうな場面です。合流部付近では他の車両の動きもよく注意しましょう。

逆走車両に注意

インターのランプを間違って進入し逆走する車両。入口での間違いやUターンなどによる逆走車両が増えています。発見したら路肩等の安全な場所に停車し衝突を避けてください。 そして110番、非常電話などでの通報をお願いします。また、自らが逆走してしまった場合には、速やかに安全な場所に停止し110番や非常電話などで通報してください。

ページの先頭へ